紫色の魚

中学のある美術の先生に出会ってから、絵は教わった通りでなく感じるまま自由に描けばいいということに気付きました。そして休みの日に、思春期の複雑な感情を絵にぶつけました。すると、ちょっと気持ち悪いけど、素晴らしいと思える絵が出来上がったのです。絵の描き方とその面白さを知った、私の原点とも言える作品です。