限りある時間の中で、自らいばらの道を切り開くこと

生命は生まれてから成長し、学び、経験し続けていきます。

そして生まれた瞬間から、その鼓動は生きた時間を記憶しながら、死へのカウントダウンを打っています。

命に限りがあることは、皆同じです。

その限られた命を、どう生きるか。

安定を求めて進むのを拒むか、自分の力で茨の道を切り開いて前へ進むのか。

どちらの道を歩むかは、人生の自然な流れによってもたらされるのではなく、今の自分の意思によって決まるのです。

でもこれは多分、人間だけに与えられた選択肢でしょう。

野生の生き物達は、常に死の危険と隣り合わせです。

環境の変化や、食うか食われるかの危機迫るような状況は、日常的に起こります。

だからと言って、安全や安定が保障されるような生活なら幸せなのかと言えば、恐らくそんなことはないでしょう。

経験によって得た知恵や運動能力を使って、自らの力で危険を回避したり住食を確保してこそ、あんな風に瞳がキラキラと輝くのです。

私は難題にぶつかったときや行き詰まったときには、自然に生きる生き物達に目を向けてみます。

そうすると、とてもシンプルな答えがストンと下りて来て、自分が目指すべき方向が定まっていくのです。

#私の考えていること

最近の記事
(Recent Posts)
おすすめの記事
(Featured Posts)

記事一覧

タグから記事を探す
(Search By Tags)
まだタグはありません。
「いいね!」とフォロー歓迎致します。  (Follow Me)
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic

© 2023 by MATT WHITBY. Proudly created with Wix.com