「絵」と「歌」と「踊り」のイベント☆ヒーラー2人で1月開催♪

今日は私のお姉さんのような存在である、ヒーラーのジュンさんに会ってきました。

ずっと前からこの日に私のグループ展に来て下さるとお知らせしてくれていたので、絵を観る前に合流し、しばらく2人でお茶タイム♪

そしたらその場で「絵」と「歌」と「踊り」のイベントを一緒に開催しよう!という大胆な案が。

そして、なな、なんと、これから1月の開催に向けて、ほんとに動き出していくことになりました!

どうしてそんな話になったかと言えば…。

ジュンさんの、「最近『踊り』を始めたんだ〜♪」 という話から。

少し前にメールで聞いてはいましたが、てっきりプライベートで新しい趣味を始めただけかと思っていたら大間違いデシタ。

そうではなくて、その場のエネルギーに合わせて体が勝手に踊り出すようになった!ということのようなのです。

元々ジュンさんはヒーリング中、体が自然に動く人でした。

私も最近はそうなりましたが、でもジュンさんの動きは、私のとはまた違った動きをします。

まるで踊るように、とても美しくヒラヒラと舞うのです。

そうしたら、最近になって急に「踊りなさい」というメッセージが降りてきたのと同時に、日常生活の中でもその場のエネルギーを感じて体が勝手に踊り出すようになった、とのこと。

今まで踊りをやった経験でもあるのかと思ったら、習ったことがないばかりか、興味すらなくて人の踊りも見たことがないそうです。

(因みに私はベリーダンスをやっていたことがありますよ♪)

ジュンさんとはいつもこんな不思議な話ばかりするので、この踊る話を聞いてももう私は驚きませんでしたが、でも、興味深い面白い話ですよね〜!

普段は目立つことが好きではないジュンさんが、その踊りだけは人に観せたいと強く思うとのこと。

私も興味を持ったのでその話に乗って、なんとその場で一緒にイベントを開催することを決めてしまいました!

イベントの内容。

1つの案としては、私の描いた絵を背景に、ジュンさんが踊るというのはどうだろう。

でも、音楽もつけたい。

どんな音色がいいかなぁ。

誰に頼もうか…。

と相談しながら、「あたし、歌いたいです。」と唐突に言う私。

え!?と驚かれそうですが、私、音楽けっこう好きなんです。

しばらくピアノを、数年間は歌も習っていて学生時代は伴奏をしたり、絶対音感もあったり、譜面もすぐに読めます。

やってきた部活も、吹奏楽部と合唱部。

音楽を仕事にすることを夢見たこともありました。

そして何故だかわからないけど、今年の春くらいから「人前で歌を歌いたい!」「曲を作りたい!」という衝動的な気持ちが、突然芽生えていたのです。

歌を人前で1人で歌うなんて、カラオケ以外経験ないし作曲もしたことないのに、すごく不思議でした。

で、ジュンさんもジュンさんで、あたしの歌声なんて1つも聞いたことないはずなのに、「それ、いいね!」なんて。

調子にのった私が続けて「できれば、自分で曲も作ってみようかなぁ。」なんて言うと、「え、作って作って〜!」ということになり。笑

そんなこんなでトントン拍子に話が進み、だいたいの開催日まで、その場でどんどん決まっていきました。

という流れだったのでした。

チャンチャン♪

全部直感!

いいこと思い立ったら光の速度で即行動!の2人。

どうなるかな。

何ができるかな。

今、ほんとに楽しみでワクワクしています♪

これから詳細が決まっていったら、またお知らせいたしまーす!

ジュンさんから、初出展祝い(日本では初です。)にと、なんとプレゼントをいただきました!

お花の絵が描かれた本の形をした宝物入れ♡

(中に物が入れられるよう箱になっています。)

ジュンさんはこれから本を出版する予定があり、その表紙の絵を私に依頼してくれています。

このプレゼント、引き寄せられるように入ったお店で直感で選んだそうですが、まさにこれから2人のコラボで出版する本を、象徴するようなプレゼント!

(ジュンさん、そこは無意識だったそうです。私が手にした時に初めて気付いたようで、一緒に驚いていました。笑)

こんなふうに、普段から意識が常に高い所と繋がっているジュンさんです。 

お見事!ですね。

ジュンさん、素敵なプレゼントほんとにありがとうございます!

大切にしますね〜♡

#スピリチュアル #イベント

最近の記事
(Recent Posts)
おすすめの記事
(Featured Posts)

記事一覧

タグから記事を探す
(Search By Tags)
まだタグはありません。
「いいね!」とフォロー歓迎致します。  (Follow Me)
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic

© 2023 by MATT WHITBY. Proudly created with Wix.com