セッション中にいらっしゃったお客様(4)〜 Eさんの所に来た龍と龍の使い 〜

定期的に対面セッションでヒーリングや肩・背中のこりをほぐしている※ Eさん。

いつものように体を委ねてヒーリングをしている間。

ヒーリングのために手をEさんの背中にかざしながらも、何の前触れもなく突然私の首がグルリと勢いをつけ、真後ろを向きました。

何これ、おかしい。

この動きはヒーリングと関係ない。

ということは…!?

少し怖いと思いながらも、私の首は痛いくらいに真後ろをグルリと振り返ったまま、動かない。

何だろう…と、目を閉じて視てみる。

すると。

すごぉーく遠くから、最初は豆粒くらいの大きさに見えていたものが、次第にこちらへ近づいて来る。

どんどん近づいてきて、「あっ……!」と言う間に、私の目の前まで来たかと思うとスーッと通り過ぎ、Eさんの方へと向かっていきます。

こ、これは何だ……??

んんっっ!?

動くスピードが速すぎてはっきりとなかなか形を捉えられないけど、長い!とにかく長い!!

目の前を20cmくらいの太さの長いものが、シュルシュルと目の前を通り過ぎて、Eさんの方へと向かっていく。

速さは自動車くらいかな。

その速さで目の前を通り過ぎるのを20秒くらいは視つめてたと思うから、本当に長いのです。

次第に目(肉眼ではありませんが)が慣れてきて、その長いものの姿をなんとなく捉えることができてきました。

体はほとんど透明だけど、オレンジと金色の間の色で光る線で、輪郭や体の模様がなんとなく見えてくる。

この形と、ウロコっぽい模様…。

そしてこの強いエネルギー。

あっ!!

龍だ…!!!

最後の尾の先までが目の前を通り過ぎると、私の首はやっと自由に動くようになりました。

ヒーリングを一旦中断し、龍が向かったEさんの方を視ます。

すると龍は、Eさんが座っている真下、床の下に大きくとぐろを巻くように存在していました。

そして、何故だか尾の先だけが、そのままの姿でEさんの右肩にかかっていました。

その後次第にその床の下にとぐろを巻いた龍は、拳大くらいのオレンジ色の光の玉に変化していきます。

でも、右肩にかかる尾の先だけは、何故か残ってそのままでした。

不思議…。

その尾は犬などのシッポと同じように、プランプランとゆっくり振れたり、Eさんの体にかかる場所も右肩と右腕を時々行ったり来たりと移動していました。

突然の出来事に驚きましたが、Eさんに起こったことと視えているものをそのまま伝えると、Eさんも驚き、でも嬉しそうでもありました。

Eさんが右肩にそぉっと手を持っていきます。

すると、

「あっ、ここなんかあったかい!! 左肩は何もないのに、右肩だけにあったかく触れる!!ここにいるんだ〜!!」

感動しながら手の平で龍の存在を感じてくれました。

そうそう。

肉眼で見えない存在は、感覚のいい人ならエネルギー体として手で触れられることが多いんですよ。

私も肩にかかった龍の尾を手で触れて確認させてもらうと、私が視えていたものと、Eさんが教えてくれたものとも、ピッタリ一致した場所と形で触れることができました。

さてさてここから、もう1つ出来事が起こります。

それはまた、次回に〜。

(続く☆)

※ 私は去年、プロの整体師さんから肩こりのための整体技術を学んでいて、対面セッションの新しいメニューに加えています。詳しくは、近日中に公開するHPにて♪

最近の息子のお気に入りは、この黄色いボール☆

家の中にはこの他にもカラーボールが100個ありますが、この黄色は1つしかない色。

外出時にも大事そうに持っています♪

#体験談 #ヒーリング #見えないものとの会話

最近の記事
(Recent Posts)
おすすめの記事
(Featured Posts)

記事一覧

タグから記事を探す
(Search By Tags)
まだタグはありません。
「いいね!」とフォロー歓迎致します。  (Follow Me)
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic